FC2ブログ
和書だけでなく、洋書も読みたい! 本の虫マリコのブログ。
FC2 managemented
<<Froggy Eats Out | 洋書で読書★多読で快読 | 就職活動経過報告>>
この記事のコメント
マリコちゃん、おはようございます(*^_^*)
来年は社会人さんなんですね!
おめでとうございますv-315
ご両親の喜びもひとしおですね♪
私は、就活の試練を乗り越えると、なんだか一つ大人になったような気がしました(笑)
マリコちゃんもこれから色んな人と出会いがあると思います♪いつもニコニコで明るく参りましょう♪
2007-06-10 Sun 07:36 | URL | びっちゃん #-[ 内容変更] | top↑
おめでとう♪
就職決まってよかったね!
おめでとう(*^_^*)
これで一安心ですね。
あとは卒論を残すのみかな??

これからは年齢に関係なく
たくさんの出会いや別れがあると思います。
いいことも悪いこともすべてを糧にして
これから始まる新しい人生を楽しく過ごしてくださいね♪

私、「The French Conection」がまだまだ難しく、
最初のさわりを何度読んでいるんでしょう・・・状態です^^;
早く先を読めるようになって「あ~、おもしろかった」という
セリフがいいたい!(笑)
2007-06-10 Sun 15:08 | URL | すいかちゃん #-[ 内容変更] | top↑
マリコさん、なにはともあれお疲れ様でした♪
これから卒業までの間、落ち着かないとは思いますが、たっぷり学生時代という時間を楽しんでくださいね^^(就職してからでは、時間が限られていてできないこともあるので・・・)

この3編セットもおもしろそうですね^^
French Confectionのみ読んだことはあるのですが、私も他の話を読んでみたいです!
2007-06-10 Sun 17:04 | URL | りあ #olKYQuew[ 内容変更] | top↑
マリコさん、就職先が決まってよかったですね!
精神的に随分ラクになったことと思います。
仕事が始まったらまた大変なことも色々あるかと思いますが、今は残りの学生生活を存分に楽しんでくださいね~!

そうそう、私も今 Diamond Brother シリーズを読んでる最中なんですよ~~!
South by Southeast です。
オトボケTimのあまりのオトボケぶりに愕然って感じですが(笑)面白いです。このシリーズは2冊目ですが、ぜーんぶ読んでみたいと思っています☆
2007-06-10 Sun 17:32 | URL | *Rosie* #2CDvhZGo[ 内容変更] | top↑
e-266びっちゃんe-266
こんばんは!
そうなんです、来年は社会人。
大学生活は、あっという間に過ぎていきました。

昨日は祖父母に報告したのですが、とても喜んでくれました。もう結婚と曾孫の話がでました(笑)
就職活動中は本当にたくさんの人と出会いました。
就職してからも人の出会いを大切にしてがんばりたいと思います。ありがとうございます!

e-266すいかさんe-266
こんばんは!
本当に決まってよかったですー♪ありがとうございます!
そうです。あとは卒業論文です。これがまた難関なんですよね・・・><

出会いと別れ・・・。楽しみなような怖いような。
そんな気持ちでいっぱいです。
そのとき自分にできる最大限の力を出してやっていきたいと思います^^

「The French Conection」、私も難しいなあと感じました。
1回目はTimとNickの会話だけ楽しんで終わっちゃいました(笑)
なので、初読のときは感想がかけなくて・・・。
すいかさんのレビュー楽しみですー★

e-266りあさんe-266
こんばんは!
ありがとうございますーvv
就職活動の時、何回もりあさんのブログにコメントしました。
りあさんのブログにコメントすると、必ずその日か翌日に受けた就職試験に通ったんですよ♪
もう私の中ではお守りブログです^^

学生の時間を楽しみたいと思います。バイトも勉強も多読も!
この本、よかったですよー♪今度ぜひぜひ・・・v

e-266*Rosie*さんe-266
こんばんは!
ありがとうございますー♪
精神的に楽になりました、本当に。
体力的にというよりもはるかに精神的につらかったので^^;

学生生活、楽しみます!!多読も楽しまなくてはーv
South by Southeastって初めて聞きました。
Tim可愛いですよねーv
あのオトボケに癒されますー。
読了したらぜひ感想教えてください♪
2007-06-17 Sun 19:15 | URL | マリコよりコメントしてくださった皆様へ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 洋書で読書★多読で快読 |